薬剤師の転職の失敗談の例は?

薬剤師

転職を考えた時に気になるのは、転職での失敗談ではないでしょうか?

せっかく転職したのに、前の職場の方が働きやすかったり再度転職することになっては
もったいないですよね。

実際に薬剤師の転職であった失敗談と転職で失敗しないためのコツをご紹介します!

■薬剤師の転職でどんな失敗談がある?

薬剤師として転職した時の失敗談についてお話します。

◇20代の薬剤師であった失敗談

【20代女性】
調剤薬局に勤務していましたが、同期が何人か退職したことをきっかけに転職を決めました。
転職した先も調剤薬局ですが、従業員の仲もあまり良くなく、サービス残業が多いため帰宅時間も以前より遅くなることが多いです。
3カ月は続けようと思っていましたが、すでに次の職場を探し始めています。

【20代男性】
人間関係と給与が低いことを理由に転職しました。
好条件の求人でしたが、内定後に調べてみたところ口コミがよくなかったため初出勤の前からあまり気乗りしませんでした。
働き始めると、サービス残業も多く上司も難しい人で馴染むことができませんでした。

◇30代の薬剤師であった失敗談

【30代女性】
大学卒業後、急性期病院で薬剤師として働いていましたが出産を機に退職しました。
1年育児休暇をとってから自宅近くの調剤薬局に転職。
働いてみると研修はなく、1人調剤の時間も多く先輩のフォローもありませんでした。
半年続けましたが、子どもが大きくなるまで休暇しようと思います。

【30代男性】
総合科目の処方箋を扱う仕事をしていたので、給与アップのために精神科専門の薬局に転職しました。
転職した薬局は商品名や薬の名前を覚えるのに時間がかかったうえ、患者さんが多く質問するタイミングのない職場でした。
結果として、ストレスが溜まってしまい前職に復職しました。

■薬剤師の転職でよくある失敗シチュエーションは?

転職に失敗してしまうシチュエーションはさまざまです。
薬剤師として転職した場合によくある失敗をまとめてみました!

・職場環境が合っていない
・給与アップのための転職
・求人情報の確認不足
・出産後の転職

働く職場や転職した人の環境によって、いろいろな理由で転職を失敗してしまうようです。

それぞれのシチュエーション毎に、転職での失敗を詳しくお話していきます!

◇職場環境が合っていない

職場環境が自分に合っていないと、せっかくの転職が無駄になってしまうことがあります。

職場の雰囲気やどんな人が働いているかは、実際に見ないとわからない場合がほとんどです。

転職後のミスマッチをなるべく減らすために可能であれば職場を見に行くことをおすすめします。

◇給与アップのための転職

薬剤師としてキャリアアップするために転職する人も多いのではないでしょうか?

せっかく薬剤師として働くのであれば、給与を増やしたいところですよね。

しかし、給与アップだけを目標に転職をするとストレスなどから続かない場合があります。

人によってペースは違うので、自分のペースに合わせて少しずつキャリアアップしていくことも大切ですね。

◇求人情報の確認不足

いざ転職してみると、サービス残業が多かったり人間関係がうまくいかない場合があります。

転職後のミスマッチを防ぐために、インターネットの口コミなどから可能な限り転職希望先の情報を調べておきましょう。

また、求人情報をしっかりと見ることも大切ですね。

◇出産後の転職

結婚や出産などをきっかけに退職し、その後転職(再就職)する場合もありますよね。

特に出産後の転職は注意が必要で、仕事と育児の両立がうまくいかず転職後退職してしまうケースがあります。

お子さんが小さい場合は頻繁に体調を崩してしまうこともあるので、育児に理解のある職場を選ぶことをおすすめします。

■薬剤師の転職で失敗しないためのコツ

薬剤師として転職する場合、できるだけ失敗は避けたいところ。
転職での失敗の可能性を減らすためにはいくつか注意すべきポイントがあります。

・希望条件をランキングにする
・明確な数字情報を集める
・給料の相場を把握する
・職場体験をする
・転職のタイミングを考える
・前向きな退職理由を考える

薬剤師の転職で失敗しないためのコツについてそれぞれお話します!

◇希望条件をランキングにする

転職する際には、希望条件を明確にしておくことが大切です。

その中でも、どの条件が絶対条件なのかどの条件が妥協することができるかをランキングにしてみましょう。

全ての条件を満たす求人があれば問題ありませんが、中には諦めないといけない条件も出てくるケースがほとんどです。

希望条件をランキングにすることで、転職先とのミスマッチを減らすことができますよね!

◇明確な数字情報を集める

求人を見た時に気になった職場の明確な数字情報を集めることで、実際に働いた時のイメージが沸きやすくなります。

数字情報はたとえば以下のような情報です。

・年収
・勤務時間
・残業の量
・従業員数
・ボーナスの金額

このような情報を集めることで、一見好条件の求人に見えたものも自分の希望とは違うなんてこともあるかもしれません。

応募する前に数字情報を集めることで、のちのすれ違いを防ぐことができますね!

◇給料の相場を把握する

エリアや環境によって同じ仕事内容でもお給料が違う場合があります。

せっかく働くのであれば、お給料が低いよりも多い方がいいですよね。

同じエリアで出ている薬剤師の求人はどのくらいのお給料が相場なのか。

同じ労働条件の違うエリアはどのくらいの給料が相場なのか。

この2つを知ることで、相場よりも低い年収になってしまうことを防ぐことができます。

お給料の相場を把握して、納得して働きたいところですね。

◇職場体験をする

転職エージェント(サイト)によっては、就業前に職場体験をできる場合があります。

求人情報ではわからない実際の職場を見ることができるので、転職サイトを利用する場合はぜひ担当エージェントに相談してみましょう。

◇転職のタイミングを考える

家庭環境や育児など、仕事以外の都合によっては転職を急ぐ必要がない場合があります。

転職を考えるのは前向きなことですが、本当に「今」が転職のタイミングなのか一度立ち止まってみることも大切ですね。

◇前向きな退職理由を考える

転職をするためには、以前の職場を退職した理由を答えるシチュエーションがあります。

履歴書ではもちろん、面接でも聞かれることがありますが退職理由は前向きな方が内定へと進みやすいです。

キャリアアップや給与アップなど、退職理由は前向きに答えられるように前もって考えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました