産後に薬剤師として転職することはできる?

薬剤師

産後薬剤師として転職することは可能です!

育児休業制度を使って産後職場復帰する場合もありますが、さまざまな理由から転職を考えている人もいるのではないでしょうか?

これまでと同じように働くのが難しく転職を視野に入れても、時間の都合などがつく職場に転職できるのか不安になってしまいますよね。

産後薬剤師として転職するにはいくつか大切なポイントがあります。

・残業なしの正社員
・ママさんが働きやすい制度のある職場
・パートや派遣で働く

ママさんの仕事を積極的に応援している職場の場合、求人情報にも「ママさん歓迎」などの情報が載っています。

育児をしながら仕事をするには、育児に理解がある職場を選ぶのが1番安心ですね!

■産後に薬剤師に転職する時によくある悩み

産後薬剤師に転職する場合、いろいろなことが不安な人も多いのではないでしょうか?

よくある悩みをまとめると以下のようになります。

・子育てと両立することができるか
・企業が子育てを理解しているか
・未経験でも働くことができるか
・転職のタイミングは今で合っているのか
・保育園などを探すことと転職活動はどちらが優先か

それぞれの悩みを具体的にご紹介します!

◇子育てと両立することができるか

産後働くとなると、薬剤師の仕事をしながら子育てをすることになります。

家庭の事情によっても異なりますが、子育てと仕事を両立するために必要なことをまとめると以下のようになります。

・通勤時間が短い(自宅から近い)
・保育園などのお迎え時間に間に合う
・休みの相談が出しやすい環境

家庭によっては家族が協力してくれる場合もありますが、基本的にはママさんがお迎えをすることになる人も多いのではないでしょうか?

もしママさんがお迎えをすることが多いのであれば、職場と保育園などから自宅が近いことが大切です。

お迎えの時間は決まっているので、残業がないことも大切ですね。

また、特に小さな子どもは頻繁に体調を崩してしまうので、休みの相談をしやすいこともポイントです。

エリアや条件によっては転職に時間がかかってしまうこともありますが、焦らずに職場選びをすることがなによりも重要となります。

急いで決めた職場が合わず結局また転職活動をすることになると、労力はもちろん時間ももったいないですよね。

◇企業が子育てを理解しているか

求人情報の中には「ママさん歓迎」などの補足が書いてあることがあります。
企業が育児を理解していると、就業時間なども都合をつけやすい場合が多いです。

求人情報を見る時には、育児を理解している企業かどうか確認しましょう。

◇未経験でも働くことができるか

これまでに病院や医療関係の企業で働いていたため、薬剤師未経験という人もいるのではないでしょうか?

中には経験者に限定して募集していることもありますが、未経験でも薬剤師として転職するころは可能です。

特に調剤薬局は未経験でも転職できる職場が多いので、諦めずにぜひ求人情報でチェックしてみてくださいね!

◇転職のタイミングは今で合っているのか

転職のタイミングについては人それぞれです。

子どもが小さいと、仕事との両立は大変なので、転職のタイミングには迷ってしまいますよね。

すぐに働く必要があれば迷っている時間はありませんが、そうでないなら求人をじっくり見てから決めてもいいのではないでしょうか?

しかし、転職を考え始めた時点でもしかしたら自分にあったタイミングなのかもしれません。

急ぎでない場合、まずはしっかりと求人情報を見て興味のある求人があった時に備えて準備しておくことをおススメします!

◇保育園などを探すことと転職活動はどちらが優先か

どちらが優先でも問題ありませんが、待機児童問題のことを踏まえると、特に保育園は先に決めてしまった方が安心かもしれません。

しかし、実際には保育園が決まらず転職活動に移れない人もいるのではないでしょうか?

保育園に入園するには就活内定のステータスになっている方が決まりやすいため、内定が決まった企業に書類を書いてもらうと保育園の入園へも近道となります。

保育園が決まっていない状態で転職活動をする場合は、事前に企業に相談しておくとよりスムーズに進むのではないでしょうか?

■産後に薬剤師としての転職先におすすめの職場

薬剤師として活躍できる職場はいろいろとありますが、その中でも特に調剤薬局は育児と両立しながら働いている人が多いです。

自宅からの距離を考えると、自然と調剤薬局を選んでいる人が大多数ということですね。

ここでは、職場ごとに選ぶ時のポイントをお話します!

◇調剤薬局

産後薬剤師として調剤薬局に転職する場合のポイントをまとめてみました。

・薬剤師の人数が多い
・ママさん薬剤師に理解がある
・パート従業員の薬剤師が多い

薬剤師の人数が多いと、子どもが急に体調を崩してしまった場合にも都合がつきやすいことが多いです。

また、経営者や管理薬剤師(薬剤師の責任者)がママさんに理解があることもポイントのひとつ。

就業時間や急病にも柔軟に対応してくれる可能性が高いですね。

◇ドラッグストア

産後薬剤師としてドラッグストアに転職する場合のポイントをまとめてみました。

・近くの店舗から人員の応援がある
・ママさん薬剤師の理解がある
・シフトに柔軟に対応している

ドラッグストアの薬剤師は1~2人と少ない人数で回していることが多いです。

その分、他の店舗から応援に来れるスタッフが対応している場合があるので応援がどの程度可能なのか確認が必要ですね。

また、ママさん薬剤師に理解があるかどうか企業HPなどをチェックしておくと、いざ面接に行った時のすれ違いを防ぐことができます。

◇病院

産後薬剤師として病院に転職する場合のポイントをまとめてみました。

・薬剤師の人数が多い
・固定で早番を選ぶことができる

まとめ

自宅から近い場合、病院への転職もおすすめ!

定時が薬局やドラッグストアより早いため、時間においては利点が多いのが特徴的です。

託児所が併設されている場合もあるので、その場合は保育園を探す必要もありませんね。

病院勤務でのデメリットは遅番や夜勤があることです。

早番で固定することができる職場であれば、その他のことでは病院が1番働きやすい環境かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました