薬剤師が転職をする場合、どのようなことが原因で転職することが多いのでしょうか?
どの仕事でも同じですが、せっかく転職するのであればより自分に合った職場へ転職したいですよね!

転職で悩んでいる人のために、薬剤師が転職する時に多い理由をご紹介します。
■薬剤師の転職理由TOP5
薬剤師の転職理由は以下の5つが理由となることが多いです。

・人間関係に悩んでいる
・労働環境を変えたい
・収入をアップさせたい
・スキルアップしたい
・キャリアアップしたい

薬剤師の転職理由は、薬剤師に限らずどの仕事にもあり得る理由かもしれませんね。

①人間関係に悩んでいる
薬剤師の場合、主に以下の3か所で仕事をしていることが多いです。
・調剤薬局
・病院
・ドラッグストア

同じ仕事をするにしても、職場によって人間関係で悩みが起きやすいシチュエーションは変わります。
ここでは、勤務先のパターン毎に人間関係が原因で転職を考えるようになる理由をみていきましょう。

◇調剤薬局
調剤薬局の場合少人数の職場で働くことが多いので、人間関係が原因で転職を視野に入れる人も多い環境となっています。
相性が悪い人と距離を取ることも難しいので、ストレスを感じやすい部分もあるかもしれませんね。

◇病院
病院の場合、医師や看護師との人間関係が原因となることがあります。
病院によって雰囲気は変わりますが、特に医師と看護師の意見が食い違ってしまう場合
薬剤師は板挟みになることがあります。
また、医師や看護師もそれぞれの立場が違うことから気遣いも必要となって更に人間関係に悩んでしまう人もいるかもしれませんね。

◇ドラッグストア
ドラッグストアには、薬剤師以外にも店舗の店長や登録販売者、レジスタッフのパート
やアルバイト、美容スタッフが働いています。
職場の人数が多いのでコミュニケーション能力が必要な職場です。
同じ仕事をするスタッフでも、正社員とパートスタッフやアルバイトスタッフとの間ですれ違いが起こることがあるので、ほかの従業員間でのトラブルに巻き込まれると人間関係に悩むことになってしまう場合があります。

②労働環境を変えたい
薬剤師の仕事は薬を必要とする患者さんの命にも関わる仕事です。
そのためには正確であり、スピード感も求められますよね。
薬剤師として仕事をする職場は常に緊張感があることと、残業の多さや夜間対応があるので心もカラダも疲れてしまうことがあります。
薬剤師は資格をもっていればいろいろな労働環境で活躍することができます。
人それぞれ合った職場があるので、自分に合った職場で薬剤師として活躍するために転職することも可能です。

③収入をアップさせたい
収入面で転職を考えるのは、薬剤師に限らずよくある理由です。
特に人手不足の薬局では高待遇の求人が出ていることがるので、収入をアップさせるためには求人をチェックすることで転職への道筋を作ることができますね。

④スキルアップしたい
職場を変えずに同じ病院などで働いていると、似た内容の処方箋を扱うことが増えます。
そのため、スキルアップを考えている人にとっては薬剤師としての知識が増えないことから転職を考える場合があります。
スキルアップするためには、これまでと違う職場で働くことで扱う処方箋の内容が変わりスキルアップへと繋がる場合があります。

⑤キャリアアップしたい
薬剤師としてキャリアアップをするために転職する人もいます。
管理薬剤師として薬剤師の中での管理職に就きたい人や、専門薬剤師としてガンや精神科のエキスパートへのキャリアアップを計画していることもあるでしょう。
ポジションによって必要な資格も異なるため、仕事をしながら新しい資格を所得して
新たな職場へ転職することもあるかもしれませんね。
キャリアアップすることで自然と収入面もアップすることが多いので、転職理由としてはよくあるケースなのではないでしょうか?

■転職をする時に考える退職理由の伝え方
転職を決めるとまず悩みやすいのが、今の職場に退職の希望を伝えることですよね。
退職するにしても、できるだけ円満に退職したい人は多いのではないでしょうか?

円満に退職しやすくなる伝え方をまとめると以下のようになります。
・本当のことを伝える
・ネガティブな原因はポジティブな言葉を使う
・将来の前向きなビジョンを伝える
退職希望を伝えるのは一般的に1~2ヶ月前に職場に伝えることがマナーとされています。
退職を事前に伝えることがマナーとされている理由は、引継ぎや新しいスタッフを準備する期間が必要だからです。

退職理由によっては、希望を伝えてからも勤務することはストレスになる場合もありますが、社会人としてはきちんとマナーを守って退職したいですよね。

退職希望を伝えてからも一定期間は仕事を続けることを前提に考えると、なるべくポジティブに退職希望を伝えることが大切です。
かといって退職する必要がないと思われてしまうと転職することができないので、真実を伝えることとポジティブな将来のビジョンも合わせて話すことが円満退職へとつながるのではないでしょうか?

■転職先に前職の退職理由を伝える方法
転職するには書類選考や面接など、前職の退職理由を伝えないといけない場面が出てきます。
企業側も、求めている人材で長く続けてくれる人を探しているのでうまく伝えることで希望の職場に転職したいところですよね。

転職の際、前職の退職理由をうまく伝えるポイントは以下です。
・退職理由の事実をポジティブに伝える
・スキルアップやキャリアアップが理由と伝える
・転職先の魅力的なところを伝える
特にスキルアップやキャリアアップの場合、転職理由としては特に前向きな印象を受けます。
また、転職したい企業の魅力が多いことなどもポジティブに伝えることができます。

せっかくの決意を無駄にしないように、上手に転職できるよう工夫していきたいですね。

おすすめの記事