【おすすめ5選】薬剤師の転職を有利に進める方法!

薬剤師

転職を考え始めるとまずは求人情報などをチェックしますが、転職活動を有利に進めるにはいくつか方法があります。

そこで、転職活動をスムーズに進めるために必要なことをまとめてみました!

・希望条件をランク付けする

・エリアの年収相場を把握する

・転職エージェントを利用する

・企業の情報を集める

・キャリアビジョンを明確にする

せっかく転職するなら失敗とならないようにしたいところですよね。

状況によっては早く転職したいと思っている人もいるかもしれませんが、のちに後悔しないようにこれらの方法を確認しながら進めることをおすすめします。

それぞれどのようにすると転職活動を有利に進められるか細かくみていきましょう!

◇希望条件をランク付けする

求人情報にはさまざまな条件が書かれていますが、その中でも特に希望する条件をランキング形式にしましょう。

希望条件のランク付けとは、たとえば以下のようになります。

1位:通勤時間

2位:勤務時間

3位:お給料

転職を考えている人の中には年収アップのために転職したい人もいるかもしれませんが、年収の高さだけに注目することはおすすめしません。

年収が高い職場はそれなりに理由があります。

専門的な知識が必要な職場はもちろんですが、その他にも残業量や離職率が高いなどの可能性がある求人も存在します。

年収以外の条件がランク付けされていると、複数社気になる求人があった場合にも選びやすくなるのでぜひ希望条件をランク付けしてみてくださいね!

◇エリアの年収相場を把握する

転職後に収入面で不満を感じないためにもエリアの年収相場を把握しておきましょう。

年収のみにフォーカスすると転職が失敗となってしまうことがありますが、だからと言って仕事をする上で収入面はとても大切なことです。

希望するエリアの年収相場を把握しておくと、転職後に他の企業よりもあきらかにお給料が安いといったトラブルを避けることができますね!

◇転職エージェントを利用する

自分で求人を探して直接応募することもできますが、転職エージェントを利用するとより

スムーズに転職活動を進めることができます。

特に希望の企業が決まっていない場合、転職エージェントを利用すると非公開の求人も含め求人を紹介してもらえます。

1人で探すよりも時間を短縮できるので、気になる人はぜひ利用してみてくださいね!

◇企業の情報を集める

気になる求人に出会ったら、企業の情報を集めることで転職活動が有利になります。

面接や履歴書を書く際にも企業の情報は大切ですが、過去に働いたことがある人の口コミもチェックしておきましょう。

求人情報だけではわからない職場の雰囲気や内部事情が書かれていることもあるので、転職後のミスマッチを防ぐこともできますね。

◇キャリアビジョンを明確にする

求人情報などをチェックすることも大切ですが、転職後のキャリアビジョンや薬剤師として将来どのようになりたいかを明確にしておきましょう。

面接・採用担当者は、キャリアビジョンがはっきりしている人を求める傾向があります。

もしも2人のうち1人を採用したいシチュエーションになった場合、目標がない人材よりもはっきりとビジョンがある人を採用したいと思いますよね。

転職活動の対策としても大切ですが、自分の働き方を見つめ直すにもとてもいいきっかけとなります。

キャリアビジョンがはっきりとしていると、転職活動がスムーズに進められるだけではなくその後の働き方も豊かになるのではないでしょうか?

■薬剤師の転職が有利になる資格

転職を有利に進めるには、ダブルライセンスとして資格を持っているとスムーズに転職活動を進めることができます。

転職活動におすすめの資格をまとめてみました!

・認定薬剤師

・専門薬剤師

この他にもダブルライセンスとして所得していると有利な資格はたくさんありますが、その中でもこの2つはスキルアップにもおすすめの資格です。

認定薬剤師と専門薬剤師は資格を所得したあとも知識を更新する必要がある資格なので、スキルアップにもおすすめの資格ですよ!

ここでは、認定薬剤師と専門薬剤師の違いをご紹介します!

◇認定薬剤師

認定薬剤師は研修や実技によって定められた単位を所得することで得られる資格です。

常に最新の知識が必要になるため、転職活動でも医薬品への知識が豊富なことをアピールすることができます。

今すぐに転職を考えていない場合にも、仕事に生かせるためおすすめの資格です。

◇専門薬剤師

専門薬剤師は、認定薬剤師の資格をもっている人が所得できる資格です。

医療チームの一員として患者さんのサポートや新薬の開発にも生かすことができるので、薬剤師としてスキルアップしたい人にぴったりの資格ではないでしょうか?

転職の幅も広がるため、転職活動の際にもおすすめの資格です。

■薬剤師の転職が有利になる経験

これまでにも薬剤師として活躍している人は、仕事での経験が転職の際有利になります。

薬剤師として有利になる経験をまとめてみました!

・管理薬剤師

・在宅医療

特に管理薬剤師やマネジメントの経験がある場合、転職が有利になるだけではなく

年収アップも狙うことができるので経験をしっかりとアピールしましょう。

その他の経験も転職の際どのように有利になるかを細かくみていきましょう!

◇管理薬剤師

管理薬剤師は薬剤師の責任者となるため、転職を有利に進めることができます。

これまでに経験がない場合も、機会があればぜひチャレンジしてください。

仕事量や責任が増えるという面はありますが、その後転職を考えている人にとって有利な経験になりますよ!

◇在宅医療

在宅医療は医療の中でもとても注目されています。

特に高齢者向けの在宅医療は今後利用者が増えることが予想されるため、一度経験しておくと転職の幅を広げることができます。

将来的に薬剤師として活躍していきたい人におすすめの経験ですよ。

タイトルとURLをコピーしました