【職場別】薬剤師の転職で人気の働き方と仕事内容は?

薬剤師

■【職場別】薬剤師の転職で人気の働き方と仕事内容について

薬剤師の転職先はさまざまな職場がありますが、その中でも特に人気な働き方があります。

薬剤師の転職で人気のある働き方は以下です。

・調剤薬局

・ドラッグストア

・病院

・在宅医療

これらの職場は求人数が比較的多いこともあり、転職先として人気があります。

ひとことに薬剤師と言っても、職場によって仕事内容が変わるのでそれぞれの働き方と、どのような仕事をするのか細かくみていきましょう!

◇調剤薬局

薬剤師が調剤薬局で働く場合、9:00~18:00勤務となることが多いです。

近隣の病院やクリニックで診察を受けた患者さんが薬をもらいに来るため、勤務時間は前後することもあるところが特徴的ですね。

また、調剤薬局の立地によっては季節ごとに繁忙期が来る調剤薬局もあります。

たとえば耳鼻咽喉科が近隣にあると花粉の時期に忙しくなるということですね。

そんな調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容をまとめてみました!

・調剤業務

・服薬指導

・薬歴管理

・在宅業務

調剤業務をはじめ、処方された薬の飲み方やアドバイスをする服薬指導や患者さんがこれまでに飲んだことがある薬の薬歴管理も行います。

場合によっては医師や看護師に処方内容を相談することもあるため、高いコミュニケーション能力が必要な仕事です。

◇ドラッグストア

薬剤師がドラッグストアで働く場合、各ドラッグストアの営業時間によって勤務時間が変わります。

今後ドラッグストアへの転職を考えている人は、営業時間などをチェックしておくと安心ですね!

そんなドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容をまとめてみました!

・医薬品販売業務

・健康相談

・レジ打ちや品出し

・在庫管理

ドラッグストア内の調剤薬局で勤務する場合は、通常の調剤業務などと合わせて上記の仕事が追加されます。

また調剤業務の有無に関わらずお客さんに医薬品を販売したり、健康相談に乗ることがあります。

場合によっては病院での診察を勧める必要があるため、お客さんとしっかりコミュニケーションを取ることが大切ですね。

ドラッグストアでは、他のスタッフの状況によってはレジ打ちや品出しをすえるシチュエーションも発生するためスタッフ間との関係も大切になります。

いろいろな人と関わりながら働きたい人にはぴったりかもしれませんね!

◇病院

薬剤師が病院で働く場合、夜勤や残業が発生することがあります。

特に総合病院などは外来の診察が終わると、入院患者への調剤業務が発生します。

その他にも救急救命業務が起こることもあるので、病院への転職を考えている人はどのような病院で働きたいかをはっきりさせておくことが大切ですね。

そんな病院で働く薬剤師の仕事内容をまとめてみました!

・救急救命業務

・調剤業務

・病棟業務

病院勤務はチーム医療に携わることができるため、薬剤師としてスキルアップしたい人にはうってつけの職場なのではないでしょうか?

また、調剤薬局やドラッグストアと比べて病院勤務の初任給は低いと言われていますが、長期勤務することで昇給やボーナスが発生します。

ひとつの職場で長く勤めたい人にぴったりの働き方かもしれませんね。

◇在宅医療

薬剤師が在宅医療で働く場合、9:00~18:00くらいの勤務時間となることが多いようです。

在宅医療はさまざまな人が利用していますが、特に高齢者の増加によっても注目されている働き方です。

今後在宅医療の需要はもっと増えていく可能性があるので、一度経験しておくと薬剤師としてもスキルアップできるかもしれませんね。

そんな在宅医療の主な仕事内容をまとめてみました!

・調剤業務

・医薬品/衛生材料の配達

・薬歴管理

・服薬指導

・服薬状況の確認

・保管状態の確認

・副作用などのヒアリング

・ケアマネージャーや医師との情報共有

在宅医療は調剤業務や服薬指導の他にも、ケアマネージャーや医師と情報共有する必要があります。

患者さんとのコミュニケーションはもちろんですが、医療に携わるほかの人とも連携を取りながら働くため薬剤に関する高い知識が必要です。

また、在宅医療は自宅や高齢者住宅に訪問するため運転免許が必須となる場合が多いところも特徴的です。

在宅医療への転職を考えている人は、免許証の所得をしておくと転職活動がスムーズに進められますね!

■【雇用形態別】薬剤師の転職でおすすめの働き方

薬剤師も雇用形態によって働き方が変わりますが、1番大切なのは自分に合った働き方を選ぶことです。

まずは、自分が薬剤師として働く際になにを大切にしたいかをはっきりとさせましょう。

薬剤師としての働き方は3種類です。

・正社員

・パート

・派遣

それぞれの特徴が異なるため、雇用形態別におすすめの働き方をご紹介します!

◇正社員がおすすめの人

転職で正社員としての働き方がおすすめの人は以下のような場合です。

・キャリアアップしたい

・年収を増やしたい

・フルタイムで働きたい

・残業の対応ができる

薬剤師への転職の中でも特に正社員としての働き方がおすすめなのは、キャリアアップをしたい人です。

パートや派遣でもキャリアアップは可能ですが、正社員として働いた方が受けられる研修が多い企業があります。

転職理由がキャリアアップの場合は正社員への転職がいいかもしれませんね。

また、パートや派遣と比べて正社員として働いた場合年収が高くなる傾向があります。

年収アップを希望している人にも正社員はおすすめの働き方です。

キャリアアップや年収アップへの1番の近道は正社員として働くことですが、変わりにフルタイムで働く必要と残業対応が発生します。

生活環境や健康状態などを考慮して、残業の対応が難しい場合は他の働き方を検討してみるのもいいのではないでしょうか?

◇パートがおすすめの人

転職でパートとしての働き方がおすすめの人は以下のような場合です。

・子育てと両立したい

・介護と両立したい

・家族の扶養範囲内で働きたい

・残業対応が難しい

子育てや介護などと両立しながら働く場合、働き方にパートを選ぶと比較的時間の都合がつけやすくなります。

働きながら家庭のことなどもこなすためには、パートとして働くことがおすすめですよ!

また、パートであれば家族の扶養に入ることが可能です。

扶養家族は年収130万円未満の人が対象となるため、扶養に入る場合は収入にも注意しておきましょう!

◇派遣がおすすめの人

転職で派遣としての働き方がおすすめの人は以下のような場合です。

・子育てと両立したい

・介護と両立したい

・効率よく収入が欲しい

・いろいろな職場を体験したい

・気軽に仕事の相談ができる相手が欲しい

派遣として働く場合、勤務時間や勤務日数など希望に合わせて働くことができます。

パート同様に、子育てや介護と仕事を両立させたい人にとって安心して勤務できますね。

■【薬剤師の転職】働き方に正社員を選ぶメリットとデメリット

どのような働き方を希望するかによって変わりますが、一般的に正社員はメリットが多いとされます。

ここでは、正社員として働いた際のメリットとデメリットについてお話します。

◇正社員のメリット

正社員薬剤師として働く場合のメリットをまとめてみました!

・収入が安定する

・社会保険に加入できる

・無期限で雇用される

・ボーナスなど賞与がある

・昇給しやすい

・福利厚生を最大限利用できる

・各種手当が受けられる

・社会的信用がある

正社員としての1番の魅力は、なんといっても収入の安定や社会的信用があることではないでしょうか?

また、ボーナスが発生するため年収アップを狙うこともできますね。

今後住宅ローンやクレジットカードを利用する際にも、正社員雇用の人は利用額が多いなどのメリットもあります。

福利厚生も最大限に利用できるため、特に福利厚生が充実している企業への転職を考えている場合は正社員としての働き方はぴったりかもしれませんね!

◇正社員のデメリット

正社員薬剤師として働く場合のデメリットをまとめてみました!

・業務上の責任が特に多い

・残業/休日出勤が発生する

・異動の可能性がある

正社員として働くと、メリットがたくさんありますがデメリットもあります。

特に、異動の可能性や残業量などが気になる人にとっては大きなデメリットになってしまうかもしれません。

正社員としての働き方を希望しながらも残業量が少ない職場がいい場合は、企業の口コミなどをしっかりと確認する必要がありますね。

■【薬剤師の転職】働き方にパートを選ぶメリットとデメリット

パート薬剤師としての働き方は、子育てや介護と両立して働きたい人にとってはぴったりです。

メリットだけではなく、どのようなデメリットがあるかも細かくみていきましょう!

◇パートのメリット

パート薬剤師として働く場合のメリットをまとめてみました!

・異動や転勤を気にする必要がない

・ほかの業種と比べて時給が高い

・シフトの融通が利きやすい

・扶養家族になることが可能

パート薬剤師は、正社員と違い転勤や異動がありません。

引っ越しのことや環境が変わることを考えると、パート薬剤師としての働き方がいい場合もあるのではないでしょうか?

また、シフトの融通が利きやすいため他のことと両立しながら働きたい場合にはぴったりです。

働き方によっては家族の扶養に入ることもできるので、どのくらいの収入が欲しいかを一度考えておくと安心ですね!

◇パートのデメリット

パート薬剤師として働く場合のデメリットをまとめてみました!

・昇格に限界がある

・健康保険の種類

パート薬剤師は社会保険に加入することができません。

健康保険の種類にこだわりたい場合にはデメリットとなってしまいますね。

また、正社員が受けられる研修でもパート薬剤師は受けられないことがあります。

キャリアアップや昇格を目指している人にはあまり向いていない働き方かもしれません。

■【薬剤師の転職】働き方に派遣を選ぶメリットとデメリット

派遣薬剤師としての働き方は、なんといってもいろいろな職場を体験できることが特徴的です。

人によってはメリットの他にデメリットとなることもあるので、それぞれを細かくみていきましょう!

◇派遣のメリット

派遣薬剤師として働く場合のメリットをまとめてみました!

・残業が少ない

・時給が高い

・豊富な職場を体験できる

・派遣会社スタッフのサポートがある

派遣薬剤師は比較的残業が少なく、他の職業と比べて時給が高いことがメリットです。

勤務時間によっては、正社員よりも効率的に収入を得ることもできるケースもあるようですよ!

また、派遣会社のスタッフによるサポートがあるため、なにかトラブルがあった時に相談しやすい環境になります。

仕事をするうえで相談役がいると安心するという人にはぴったりの働き方かもしれませんね!

◇派遣のデメリット

パート薬剤師として働く場合のデメリットをまとめてみました!

・最長雇用期間が3年

・多忙な職場が多い

・派遣切りの心配がある

・仕事内容が偏る場合がある

薬剤師は、患者さんやお客さんと接する仕事のため決まった期間での勤務の場合ルーチンワークを任される場合があります。

新しい仕事にチャレンジしたい人にとっては、派遣という働き方は向いていないかもしれませんね。

また、企業によっては派遣切りにあってしまう可能性があります。

雇用期間は最大3年となっているので、同じ職場で長く働きたい人にとっては不向きな働き方になる場合がありますね。

タイトルとURLをコピーしました