薬剤師の転職で失敗しないための注意点は?

薬剤師

■薬剤師の転職で失敗しないための注意点

転職活動が失敗とならないようにするためにはいくつか注意点があります。

そこで、転職での注意点をまとめてみました!

・転職のタイミンを見極める

・希望条件をランク付けする

・研修制度の有無を確認する

・職場の雰囲気を確認する

・残業量や勤務時間を確認する

・転職エージェントを利用する

どれも大切なことですが、せっかくの転職を失敗させないために注意していきたいですね!

それぞれどのように注意すると、転職の失敗を防ぐことができるか細かくみていきましょう。

◇転職のタイミンを見極める

はじめに大切なことは、転職のタイミングを見極めることです。

現在の職場からの転職を考えている場合、早く転職したいと思う気持ちはわかります。

しかし、急いで転職したことで転職が失敗になってしまうと再度転職をすることになってしまう可能性があります。

まずは転職すべきタイミングか、転職活動を冷静に行なえるくらいの時間や気持ちに余裕があるか今一度考えてみてはいかがでしょうか?

◇希望条件をランク付けする

求人情報にはさまざまな条件が書かれていますが、自分の希望条件をランク付けすることでスムーズに転職活動を進めることができます。

希望条件のランク付けとは、たとえば以下のようなランキングです。

1位:通勤時間

2位:職場の雰囲気

3位:残業時間

せっかく転職するなら、お給料がいい職場に転職したいと考える人も多いと思いますが

給与面に重視しすぎると転職が失敗してしまうことがあります。

給与が高い職場は、それなりの理由があることがほとんど。

たとえば離職率が高かったり、残業時間が極端に多いなどの可能性があるので求人情報をチェックする際には注意しましょう。

給与が高い職場の中でも、他の条件をランク付けしておくと求人情報を見る時にも迷わずにすみそうですね!

◇研修制度の有無を確認する

特に未経験から薬剤師に転職する場合、研修制度がないとなかなか仕事を覚えられないことがあります。

研修制度は個人経営の職場よりも大手チェーンの方が充実していることが多いので、研修制度が整った職場がいい人は大手チェーンを選ぶといいですね。

また、未経験ではない場合も職場によってさまざまなルールが違うこともあるので、ルールがしっかりと決まっている大手企業の方が仕事をしやすいと感じる人も多いようです。

自分にあった職場に出会うためにも、一度企業の規模をチェックしておくと安心なのではないでしょうか?

◇職場の雰囲気を確認する

仕事をするうえで大切な職場の雰囲気は、求人情報を見ただけではわからないことがほとんどです。

もし、希望する職場が自宅から近い場合は一度前を通ってみてはいかがでしょうか?

ドラッグストアへの転職を希望している人は、お店で買い物をしてみるのもいいですね。

しかし、家から職場まで距離があったり職場の雰囲気を見ることができない企業もあります。

そんな時は転職エージェントを利用することで、就業前に職場見学ができる場合がありますよ!

また、企業名を調べると過去に働いたことがある人が企業の口コミを見ることができます。

企業の規模によっては口コミが出てこないこともありますが、少しでも職場の雰囲気を把握するためには企業の口コミもチェックしておきましょう。

実際に働き始めてからミスマッチとならないためにも、就業前に職場の雰囲気はぜひチェックしておきたいですね。

◇残業量や勤務時間を確認する

求人情報に掲載されている残業量や勤務時間が自分の希望範囲内かどうかを確認しておきましょう。

特に残業量が多いと、仕事を続けているうちに体調を崩してしまう可能性があります。

就業後にトラブルとならないように、求人情報の内容はしっかりとチェックしておきたいですね!

◇転職エージェントを利用する

薬剤師の転職は1人で進めることもできますが、転職エージェントを利用することでよりスムーズに転職活動を進めやすくなります。

職場選びに迷った時や、企業への質問の仲介役としてサポートしてくれるので安心して転職活動ができますよね!

転職エージェントを利用する際の注意点は、担当コンサルタントとの相性です。

万が一、担当コンサルタントと話しがかみ合わなかったりあまりにも相性が悪いと感じた場合は、担当の変更希望を伝えてみるのもいいですね。

■薬剤師が転職の内定をもらった時の注意点

転職活動も終盤になると、面接を受けた企業から採用の内定に関する書類が届きますが

書類を確認する際にも注意点があります。

企業から届く内定に関する書類は以下です。

・内定通知書

・雇用契約書

この2点は、基本的に同じ封筒に入って郵送で届くことが多い書類です。

それぞれの書類にどのようなことが書いてあるか、届いた時にどのようなことに注意が必要かを細かくみていきましょう!

◇内定通知書の確認カ所

内容通知書には以下のような内容が書かれています。

・給与額

・勤務時間

・休暇規定

・訪問業務の有無

求人情報や面接でも説明をされているはずの内容ですが、その時の内容と相違がないかを確認しましょう。

もしも面接で聞いていたお給料と額が違ったり休暇規定が違う場合は、就業前に企業に確認してください。

実際に仕事をはじめてから質問すると、のちのトラブルになる可能性もあるので早い方が安心ですね!

◇雇用契約書の確認カ所

雇用契約書には以下のような内容が書かれています。

・雇用形態

・雇用期間

・勤務場所

・仕事内容

・勤務時間

・休日/休暇

・お給料

・退職に関するルール

雇用契約書はサインが必要なため、これらの内容に問題がないかをしっかりとチェックしましょう。

これまでに聞いていた内容と違ったり、なにか質問がある場合は企業に問い合わせておくと安心ですね。

場合によっては内定を辞退することもできますが、まずは希望を伝えてみるのもいいかもしれません。

希望を伝えても変更がなかった場合に辞退するというのでも遅くはなさそうですね!

■薬剤師の転職でブラック企業に就職しないための注意点

薬剤師として働く職場の中にもブラック企業と呼ばれる職場が存在します。

ブラック企業に転職するとさまざまなデメリットがあるため、以下のことに注意しましょう。

・企業の情報を集める

・求人情報をスクショする

・面接の内容はメモに残す

転職活動では複数の会社に応募することがあるため、無駄な時間はなるべくなくしていきたいところですよね。

そのためには、早い段階でブラック企業の可能性がある職場は見切りをつけておきたいところです。

ブラック企業に転職しないための注意点をそれぞれみていきましょう!

◇企業の情報を集める

1番大切なことは、企業の情報を集めてどのような企業かを把握しておくことです。

インターネットで企業名や店舗名を検索すると、過去に働いたことがある人の口コミが出てくることがあるのでそのような口コミをチェックしておきましょう。

また、個人経営など小さい企業の場合は企業の口コミが出てこないことがあります。

その場合はお客さんなど利用者の口コミを見ても雰囲気をイメージすることができますよね!

ブラック企業と思われる場合は、応募を控えておくことで転職の失敗を防ぐことができますよ。

◇求人情報をスクショする

応募の前に求人情報をスクリーンショットしておくことで、あとからも求人情報の内容を確認することができます。

面接や終業後に求人情報の内容と相違がないかをチェックするためにも控えておくと安心ですね。

◇面接の内容はメモに残す

あとで確認できるように、面接で説明された条件はメモに残しておきましょう。

面接の最中はなにかと緊張してしまうため、冷静に質問できない場合があります。

本来は面接中に質問するべきですが、どうしても疑問に思う内容があった場合はあとで質問してみてもいいかもしれません。

もし転職エージェントを利用している場合は、担当コンサルタントに相談すると質問内容にも答えてもらいやすいですよ!

タイトルとURLをコピーしました